魚の産卵と釣りへの影響


fish spawning

このページにはアフィリエイトリンクが含まれている場合があります。あなたがクリックして購入を行う場合は、我々はあなたに追加費用なしで、小さな手数料を獲得します。

スポーンという言葉を聞いたことがあるかもしれないが、その意味を知っているだろうか?スポーンとは、魚の生殖形態を表す言葉です。産卵は、本質的に魚の交尾と子孫を生産しています。

産卵とは?

スポーンとは、魚が交尾して繁殖する過程を表す言葉です。それは哺乳類が持っている繁殖の通常の方法とは非常に異なっています。

魚はどのようにしてメイトになるのでしょうか?

魚は3つの方法のうちの1つで繁殖することができる。魚は産卵、産卵、そして自分自身で繁殖する。生殖は、哺乳類が繁殖する方法に似ています。魚の中には性別を切り替えることができるものもあり、それは彼らが自分ですべてを行うことができることを意味しています。

魚が繁殖する最も一般的な方法は産卵です。産卵とは、メスが水中に卵を産むことです。するとオスがやってきて、卵の数だけ受精させます。

魚は卵を置くのですか?

魚が卵を産むかどうかは、魚の種類によって異なります。他の人は確かに卵を産むのですが、いくつかの魚は、生きた魚を出産します。受精するオスのために卵を産むメスは、魚の間で生殖の最も一般的な形式です。雌の魚は、数百から数千の卵をどこでも残すことができます。

産卵が釣りに与える影響

あなたが熱心な釣り人であれば、魚の産卵について知っているかもしれないし、知らないかもしれません。もし知らないのであれば、もっと勉強してみましょう:産卵時に魚の行動が変わる ターゲットとする魚の産卵時期と行動の変化を知ることで、より多くの魚を釣るためのテクニックを身につけることができます。

ほとんどの魚はある種の産卵パターンをたどるが、そのパターンは魚の種類ごとに変化する。多くの魚は、保護のために特定の場所や特定の水中地形で卵を産むために場所を変えたり、出産したりします。いくつかの魚は、のような 釣れるのはほとんどが産卵期になります。

魚の産卵時期を知ることで、産卵期を予測して回避したり、魚が生息地を変えたときに産卵している魚を捕まえるための知識を身につけることができ、より良い釣りができるようになります。

産卵シーズンはいつ?

産卵の概念はすべての魚に共通しているが、魚の種類によっていくつかの違いがある。その違いとは、その年の時期、参加する魚の年齢、産卵時の行動などである。魚の種類によって産卵時の戦略が異なり、異なる脅威を心配しなければなりません。

ナマズの産卵

ナマズの産卵傾向 サケは、春と夏の間の回遊期に捕獲される。サケは、水温が最適な70~84度に温まるのを待ちます。ナマズはまた、産卵中に釣るのが最も難しい魚と考えられています。その一部は、彼らがネスターであるという事実に起因しています。彼らは暗い、彼らが見つけた人里離れた空洞に卵を産みます。これらの空洞は、岩の間、中空の丸太、または銀行の穴で見つけることができます。

女性が営巣場所を選んだ後、彼女は彼女の卵を産む。その後、オスが来て卵を受精させます。オスが卵を受精させた後、メスは去っていき、オスに保護させます。オスは捕食者を遠ざけ、卵が土砂に埋もれないように扇状にします。約1週間後に卵が孵化します。

バスの産卵

いつの日になるか バスは産卵の準備ができている サケは春にしか遡上できない 水温が70~80度になるのを待ちます。バスの産卵期は春だけとはいえ、バスには3つのフェーズがあります。

プリスポーンとは、バスが多くの餌を食べ始める時期のことである。実際に産卵している間は食べないことを知っているため、食べる量を増やします。

バスが産卵している間、バスは非常に攻撃的になる。これまで餌としていた種が、卵を守るために攻撃するようになるのです。

ポストスポーンの間に卵は孵化しています。メスはより深い水の中で休むために残しながら、オスは新たに孵化した魚を守ります。

サケの産卵

サケが上流でホッピングしている映像を見たことがある人は、産卵に向かう途中のサケを見たことがあるだろう。サケは産卵のために上流に移動する。サケは産卵のために孵化した場所まで泳いで戻るが多くは産卵中か産卵後に死ぬ

サケが産卵のために川を遡上することをサーモンランと呼びますが、この時期がサケを捕まえるのに最適な時期なので、知っておくことが大切です。サケは淡水の川や小川で生まれ、産卵のために川に戻るが、生涯の大半を海で過ごす。サケは生息地を変えたり、産卵時に色を変えたりすることもあり、多くは真っ赤に染まります。ほとんどの釣り人は、サケが産卵のために移動している間に捕獲する。

サケは通常、春から夏にかけて産卵し、特定の地域や水域ごとにサケの遡上を追跡するリソースがあります。

ベッタフィッシュの産卵

産卵ベタ は非常に困難な場合があります。オスは攻撃的になる傾向があるので、繁殖ペアは慎重に一致する必要があります。産卵するためのベタのための最良の時期は、彼らが若いときです。彼らは一般的にペットとして飼われている魚なので、時期は関係ありません。理想的な子孫を作るためには、オスとメスが1歳以上になる前に産卵する必要があります。

メスは卵を受精させるためにオスを選ぶときには、うるさい人になる傾向があります。メスがオスに求めるものは、エネルギーレベル、カラーリング、ヒレなどだ。

男性はまた、女性のためにオフに表示しながら、バブルの巣を構築するために開始されます。彼が巣を構築したら、メスはそれが彼女の基準を満たしていることを確認するか、そうでなければ彼女はそれを破壊します。彼らは交尾を開始した後、それはお互いの後に追いかけて、噛むそれらのカップルの時間になります。

しばらくすると、彼女は卵を放ち始めます。その後、オスが卵を集めて一個ずつ泡の巣に入れていきます。その後、オスは巣を守る役目を担い、脅威と感じるものは何でも攻撃してきます。

金魚の産卵

金魚は産卵が可能 1~2歳の時に産卵します。通常、春から夏にかけて月に一度のペースで産卵します。日中の産卵時の水の温度は70度を好みます。産卵中、オスはメスを追いかけて卵を放出するまでメスを追いかけて受精させます。

魚の産卵期を予測する

産卵期について学ぶために水に出る前に、あなたの魚を研究してください。知れば知るほど、より多くの魚を釣ることができます。産卵は魚の行動に大きく影響するので、いつ、どのように産卵するのかを知ることで、釣りの成功率を高めることができます。

Mathias Bader

Written by

マティアス・ベイダーは熱心な釣り人であり、ハイカーでもあり、険しい森の中で過ごすことを楽しんでいます。湖や川で釣り糸をキャストすることにも恵まれています。マティアスはアウトドアを探求することが好きで、自分の経験について書いたり、話を聞いてくれる人には話をしたり、多くの人にアドバイスをしたりしています。